長崎皿うどん

「長崎皿うどん」

長崎といえば、ちゃんぽん   そして、皿うどん!!

皿うどんはちゃんぽんと同様、四海楼の陳平順さんが
考えた料理だと言われます。

実はちゃんぽんをアレンジしたものとか…

ちゃんぽんを配達する際に、スープがこぼれそうなので
汁を少なめにしたらしく、それが皿うどんの発祥へと
つながっていったらしいのです。

だから具材は、ちゃんぽんとほぼ同じ。

ただし、具材は甘いあんかけになっています。

皿うどんという名前なので麺は、うどんと思われがちですが違います。

皿うどんの麺は
ちゃんぽん麺と同じタイプで油で焼いた「太麺」
そして
ラーメンのような細い麺を油で揚げた「細麺」
の2種類があります。

お店で注文する際にはだいたい、
「太麺」か「細麺」かを聞かれます。

地元では、皿うどんは大皿で注文して取り分けて
食べるのが主流。お祝いの出前としても有名。

食べる時には、ウイスターソースや酢をかける
のが地元らしい食べ方。長崎県では小学校の給食
にも出てくることがあります(細麺)

当社の皿うどんはこちら